医学生さん実習

こんにちは.
シニア藤原(悠)です.

7月末から8月にかけて,医学生さんが実習に来ています。

今回の2人は,うちのリピーターです~

◆山陽地方からの医学部6年生Sくんは,3回目.
今回は高橋Drやシニア和Drの診療をぜひみたい!との強い希望で
この2人の外来や往診に密着.

お昼は初期研修医の先生たちのランチョンカンファに参加.
画像

「研修医のH先生,N先生が,5月に会ったときよりも医師らしくなっていた!」
「鑑別診断やアセスメントの質,患者さんの全体像を見る力に驚いた」
だそうです,
やった~

画像


◆関東地方からの5年生Kくんは2回目.
今回は初期研修医密着スケジュールでした.
Kくんの成長エントリー
「研修医の先生が主治医となり,治療法などを主体的に決めていた.他の病院では研修医は副主治医や担当医で,上の先生の指示通りに動いておられることがほとんどだったが,ここはすごい.主治医として自分で考えることでとても力になると思った」
「対応している疾患が幅広く,色々な知識が要求されることがわかった」


2人ともお疲れさまでした!暑さに負けず勉強がんばってね!またぜひ顔を見せてください


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

元シニア
2009年08月12日 21:55
学生さんたち、なかなか物の本質がわかる方達みたいですね
やはり主治医として取り組むことが(大変でしょうが)重要だと思います。がんばってください~
やんぐ?指導医
2009年08月13日 01:05
学生さんの実習は受け入れるのも大変ですが、
それなりの価値がありますね~。
元気をもらったり、自分たちでは気づかなかったことに気づかせてくれたり、本当にありがたいです。

今回は二人に直接関わる時間は少なかったですが、感想をみると、研修医の成長ぶりをしっかり評価してくれたようですすね。
これはシニアの努力の賜です。
ただ、シニアに負担がかかりすぎているのも現状の問題で、これはなんとかせねばとおもっているところです。

後期研修の見学がないのが寂しいですね~
しっかり研修を組み立てて、アピールして、後期研修の実習受け入れを頑張りましょう!
シニア藤原(悠)
2009年08月13日 08:58
元シニア先生、ヤング指導医先生、コメントありがとうございます! 学生さんたちからはいつも新鮮な視点をもらえて私も勉強になっています!今回一番嬉しかったのは、研修医たちの成長ぶりを指摘してくれたことでした!(ちょっと親バカ!?) 最近は研修医たちも自分たちでできることが増え、以前に比べるとだいぶ手が離れてきた感があります。(ちょっと寂しいような…)。私もシニアでありながら”後期研修医”でもあり最近は研修指導の合間に家庭医療学の理論学習を少しずつすすめています 自分も学びつつ、研修医とともに成長したいと思います

この記事へのトラックバック